manmanrai’s diary

勉強記録ブログ

PyLadiesTokyo秋合宿で「いちばんやさしいPython機械学習の教本」を読みました

PyLadiesTokyo秋合宿

今年もPyLadiesTokyo秋合宿に行ってきました!@埼玉秩父
天気に恵まれて、ずっと晴れてました!

秩父

いちばんやさしいPython機械学習の教本

今回自分のテーマは「いちばんやさしいPython機械学習の教本」という本でした。
実は発売前からアマゾンから予約して、届いてからちゃんと読んでなくて、今回の合宿でちゃんとやろうと思って、持っていきました。

読んでみて思ったのは、まさにその名の通り、すごくやさしい教材でした。説明も分かりやすく、実装の成功体験から得た喜びがモチベーションになり、さらに深堀りにしていきたいと思いました。

Chapter4の画像分析(数字判定)だけ理解は少し難しかったです。(ちょうど合宿の1日目の終盤に近づいたところ・・ボーッとしてたかもしれません)この章だけ軽く読み飛ばしながらやってました。

実はPyLadiesでJupyter Notebookで操作や分析用のライブラリーなどを学んだことがあり、前職でも機械学習のプロジェクトに参加したことがあったので、全体像はぼんやり把握してましたが、実際ゼロから作ったことはありませんでした。なので、今回の合宿で実践も兼ねてこの本読んでよかったと思いました。

さいごに

合宿に参加するのよいところは、普段ひとりで勉強するとき、いつもグーグル先生しか聞けなかったこと、近くにいる先輩たちに質問できるのと、最近の業界の話も聞けること。雑談の中で結構勉強になることも多かったです。面白いと思います。

普段の生活から離れて、その非日常の時間に癒やされて、今回もとてもよい旅になりました。