読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

manmanrai’s diary

新米フロントエンジニアの勉強記録ブログ

「能力や仕事の内容と「給料」が正比例している世の中は、地獄なのかもしれない。」という記事を読みました。

先ほど、この記事を読みました。

fujipon.hatenablog.com

この記事にはあるサイトの内容について語っています。
そしてそのサイトのタイトルはこちら:

「こういうのホントいいかげんにしてほしい。美術館勤務経験があって英仏独伊のうち2か国語以上できるスーパーエリート様がなんで時給1240円なんだよ!そんなエリート様がそんな薄給なら俺たちがそれ以上の時給もらえる訳ないじゃないか!すべての働く人の問題だぞコレって」

引用してる記事の話とはちょっと違いますが、自分はもうちょっと狭いところについて話したいです。(あくまでも自分の観点ですが)

正直、自分も似たようなショック受けたことがあります。

多言語話者、いわゆる母語以外他の言語も使える人のことです。
子供の頃、多言語話者になりたくて、海外のドラマ見て自分がドラマの中の人みたいに流暢に喋ってるシーンを妄想するのが大好きだったのです。

違う文化で育てきた方とコミュニケーション取って、交流できて、今まで知らなかった事知ったら、自分の世界もっともっと広くなるじゃないかなと思ってました。もし自分が本当にそんなことできたら、職業にも関連な仕事就けたら良いなと思って、あらゆる多言語使う職業を調べていました。

書籍翻訳、国際学会の通訳、旅行ガイド、外国語教師、免税店の販売員、ホテルの受付、CAなど。

そして、意外なこと気づきました。
自分当時の調べた結果、アルバイト、パート、副業として働いてる方は想像以上に沢山いました。そして、たいていの所の時給も一般なバイトとはそこまで変わりなかったです。(もちろんトップのトップにいる方には例外ですが。)


言語とはそんなに関係ないかもしれませんが、ただ供給と需要の問題かもしれません。当然のことですが、その領域の求人はレッドオーシャンだったら、賃金安くなる可能性もなくは無いと思います。大事なのは言語以外に何か違うもの持っているのか、と高校生だった自分そう悟ったのです。

今の自分にとって、言語は交流、コミュニケーション取るために必要なツールに過ぎないと考えています。最新の情報を集めるために英語の勉強しないとエンジニアとしての道も厳しくなるかなって最近思っております。

って言っても台湾人の私が今日本にいて、不自然な日本語喋っていて、ブログも日本語間違ってるかどうか本人には分からない状態で書いていて、日本人だらけの会社で働いている私に一言言わせてもらうなら、







あーーーー、頑張ろう。 (自分に)笑